2012年08月30日

南宇都宮に「ハッテン場」を作る

今回は、グループ展が開催されるギャラリー悠日のトイレを宇都宮の「ハッテン場」にします。

まずハッテン場という言葉を聞き慣れない方へ☆
本来ハッテンバとは、発展場=「面識のない不特定多数の者と性欲のみの繋がりで性行為をするまでに関係が "発展" する」という語源の元生まれた言葉。現在では男性同性愛者が、特定または不特定多数の性行為の相手を求めて集まり、性行為を行う場所という意味を指す。最も有名なハッテン場は上野駅の13番線ホームの公衆便所など。
→詳しくは http://ja.wikipedia.org/wiki/発展場

ま、現在は男性同性愛者の性交場所として認知されていますが、
”ハッテン場”(←何度でも言いたい)というキャッチーな響きが気に入り、作品の柱となるワードとして今回「公衆の場で秘密で深く交わり合う場所、出会い&発展のある場」という超根っこの意味として使用することにしました。

今回、宇都宮市内のトイレから秘宝祭会場のトイレへと電波で繋がる仕組みを作り、密室から密室へ、パンツ脱いでる状態の人からパンツ脱いでる状態の人へ…誰にもばれずつながれる、訪れた人に平等に訪れたり訪れなかったりする外部からの着信…。面識の無い者同士が繋がる瞬間。何かはじまりそうな気がしませんか?

もし、たまたま用を足しにいった公衆便所に「秘 H祭しませんか?」という女の子の文字と♡マーク、そして電話番号が書かれていたらあなたはどうしますか?
そこは密室、誰にもばれない…あなたは用を足したままのパンツが脱げたフル○ン状態で「秘H祭」という言葉から2秒くらいピンクな想像を巡らせるのではないでしょうか。

期間中、宇都宮市内6箇所のトイレに記された電話番号を持つ電波ビンビンの携帯電話が「南宇都宮石蔵秘宝祭」会場のトイレに置かれます。

え、でも公衆便所に電話番号ってちょっと時代が違うのでは…
と思った方もいるかもしれません。
しかし、ちょいと待ってください。私だって気づいています、この手法から20年モノくらいの年期あるヴィンテージ臭が漂いまくっているということを。

でも、とある雑誌の読者リポート実話漫画に、SMSや出会い系サイトでの出会いに飽きた女性がこの「トイレ落書き」という原始的な方法で出会いに成功し刺激のある出会い&セックスを欲しいままにしたという話があったのです。インターネットの力を駆使しまくってからの便所系出会い…これって逆に新しいんじゃ!と。

もちろんそのネタの掲載誌は「裏モノjapan」(お世話になります!)!しかも2011年1月号と比較的新しい号。これは時代が違うなんて言ってられません。
2010年から始まった裏モノJAPANの「拝啓、美人店員様」というメールが主流の時代にラブレターでナンパをする企画から派生したミラクル(→SE×ES←裏モノjapanをひっくり返す)を経験してしまった私にとって、なんともこの古くさくて田舎くさい便所落書きという方法で明るい何かが起こりそうな予感がしてならなくなってしまいました。

しかも宇都宮。東京都内では容易に見つけにくくなってしまったような古くて人口の少ない駅や、手入れのゆるい公衆便所のある北関東とはいえ地方臭漂う、それゆえか少し荒れた若者が多いと言われているこの土地こそこの企画をするに絶好の場だと踏みました。
宇都宮市内のトイレと秘宝祭展覧会場のトイレが電波でつながった時!何が起きるか何を起こすか、何をハッテンさせるかはその時秘宝祭トイレでパンツを脱いでいる状態のあなたに委ねられる…

便所の時空がねじれる!便所次元からの密室アセンション!
↑わけわからぬワードが頭から離れない!夢とロマンとたっぷりの可能性と事件性。それらが人恋しさという誰もが持つ感情で彩られ繋がって、、、いく!?!?

かつて私の知る電話系アート作品はチンポムの『エロキテル』やオノヨーコの『TELEPHONE IN MAZE』などがありますが(←他にもあったら教えてください)、鑑賞者全員が電話を取りハッテンさせる自由のあるこの作品は落としどころが未知数であり(何ごともなく超つまんない作品に終わる可能性も。。)、また違った楽しみ方ができるかな〜と!宇都宮ですし、、!

トイレにエロっぽい落書きをするという文化は江戸時代からあったといいます(当時は電話番号とかもないので一方的なセクハラ的文章やマークだったらしい)、その現代版がどうハッテンするか一緒に見守っていただけたら幸いです。

…なんてテンション高めに書いてしまったわけですがそう簡単に連絡などばんばんくるはずもなく

…と思っていた瞬間、なんと第一の着信が!!!!!!


続きは「南宇都宮石蔵秘宝祭」で☆
posted by hstn at 06:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。